<< 一覧に戻る

第25回バイオメディカルフォーラム Session 2 一般演題「ATⅡは必要か」総説 感染性DICにおいてAT製剤,AT活性測定が必要である

Antithrombin and antithrombin activity are essential for the management of septic DIC.

バイオメディカル Vol.25, 15-19, 2015

「要旨」感染性DICではAT活性が低下し,その値,たとえば50%未満の場合には予後不良などと,重症度の指標となるという報告が多数なされている。また,AT製剤投与後のAT活性値が15%以上上昇した場合には予後が良好であることも報告されている。このように,AT活性値や,AT投与後のAT活性値の変化は予後予測の指標となる。一方,AT製剤の投与によって,DICスコアの改善やDICからの離脱が促進されることが報告され,1,500Uよりも3,000Uでより効果が期待できる。これらを踏まえて,我々は感染性DICの診療方針を示した。「急性期DIC診断基準で」DICと診断したら,AT活性値を測定し,50%未満であれば重症であり,また,ATやTM投与後の翌日のAT値も測定し,その上昇が15%未満に留まる場合も重症である。これらの重症例ではATとTMなどの併用を,軽症例ではいずれかの単剤投与が望ましいと考えている。
「キーワード」DIC,敗血症,アンチトロンビン,アンチトロンビン活性,重症度判定

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録