<< 一覧に戻る

TOPICS 最新の感染症疫学情報

日本のインフルエンザ,百日咳,破傷風,風疹,麻疹に関する疫学情報

新橋玲子多屋馨子

up-to-date 子どもの感染症 Vol.7 Suppl.1, 12-16, 2019

予防接種により発症や重症化の予防が期待できる疾患に関して,感染症法に基づく感染症発生動向調査,予防接種法に基づく感染症流行予測調査事業,国立感染症研究所/厚生労働省健康局結核感染症課が毎月発行している病原微生物検出情報(Infectious Agents Surveillance Report: IASR)に公表された資料を元に疫学情報をまとめた.本稿では特に,2018/19シーズンに流行規模の大きかったインフルエンザ,定点把握疾患から全数把握疾患に変更になった百日咳,致命率の高い破傷風,2019年現在,国内流行がみられている風疹,麻疹について取り上げた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る