<< 一覧に戻る

脳卒中の治療技術

Progressing strokeに対する急性期治療

清水宏明古井英介冨永悌二

脳と循環 Vol.13 No.2, 65-68, 2008

Progressing strokeの定義, 頻度 虚血性脳血管障害の20~40%は経過中に神経学的増悪を呈し, その原因として, (1)全身合併症(特に発熱性疾患), (2)脳浮腫, (3)出血性変化, (4)けいれん, (5)脳梗塞再発, さらに(6)これらを伴わない局所神経症状の悪化があるとされる1)2). こうした経過中の増悪に対する文献的用語にはかなり混乱があるが, 多くの場合さまざまな原因をすべて含めた場合にはworseningないしdeteriorationと表現され, progressing strokeあるいはprogressionという場合には(1)~(5)を伴わず, (6)すなわち, 初めの24~48時間以内を中心として徐々にあるいは階段状に起こる局所神経症状の悪化を指すと考えられる3)4). German Stroke Study Collaboration4)によると, 発症4時間以内の一過性脳虚血発作(transient ischemic attack:TIA)を含む虚血性脳血管障害1,964例について, 入院時と48~72時間後のNIHSSを比較したところ, 256例(13.0%)に神経学的増悪(NIHSSで1点以上)がみられたという.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る