<< 一覧に戻る

知っておきたい悪性中皮腫

特集によせて 急増するアスベストの健康被害

小川道雄

Surgery Frontier Vol.15 No.2, 5-7, 2008

「はじめに」2005年6月, 大手機械メーカー「クボタ」が, 旧神崎工場(兵庫県尼崎市)のアスベスト作業従業員が悪性中皮腫で死亡していたことを発表した. さらに同工場の元社員の妻や工場周辺の住民も中皮腫で死亡していたことが明らかになり, にわかにアスベストが注目されるようになった. アスベストは石綿ともよばれ, ガラスやシリカと同類の珪酸塩で, 天然に存在する鉱物である. 採掘した原石から取り出した繊維は, 熱, 酸, アルカリ, 摩擦に強く, 遮音性, 断熱性に優れ, 柔軟で安価なため「夢の繊維」とよばれた. アスベストは建築資材に多用されたほか, 電気製品, 自動車ブレーキ, ボイラーやパイプの被覆など, 用途は3,000以上あった. わが国のアスベスト消費 わが国でもアスベストの産出はあるが, 第二次世界大戦中の海上封鎖が続いた時期を除いて, アスベストは輸入に頼ってきた. 図11)は年次別にみたアスベスト輸入量の推移を示している.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る