<< 一覧に戻る

血清アルブミンを巡る最近の話題

血清総アルブミン測定の問題点:BCG法とBCP法

村本良三

栄養-評価と治療 Vol.24 No.2, 35-38, 2007

現在血清アルブミン測定に用いられている日常検査法は,主にBCG法,BCP法,BCP改良法の3法である.しかし,BCG法はグロブリン類との交差反応が,BCP法は還元型アルブミンと酸化型アルブミンに対する反応性の違いなどが問題となっている.それらの問題点を改善した測定法がBCP改良法であり,3法の反応性の違いから各法の測定値には違いがみられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る