<< 一覧に戻る

J-LITを総括する

高齢者における脂質管理

荒井秀典

The Lipid Vol.18 No.2, 37-42, 2007

加齢とともに動脈硬化性疾患の発症頻度は増加するが, その重要な危険因子である高脂血症の頻度も増加する. したがって, 高齢者における脂質管理は虚血性心疾患や脳血管障害の発症を抑制することにより, そのADLおよびQOLを維持するため重要となる. J-LIT(Japan Lipid Intervention Trial)の結果は, 日本人の高齢者においても心血管イベント抑制のため, 脂質管理が重要であることを教えてくれる. 本稿においては, J-LITの結果および他の大規模臨床試験の結果をもとに, 高齢者における脂質管理はどうあるべきかについて述べる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る