<< 一覧に戻る

小児高脂血症の管理

高コレステロール血症の管理

中村公俊

The Lipid Vol.17 No.1, 18-23, 2006

動脈硬化は小児期からすでにはじまっていることが明らかになっており, 小児の高コレステロール血症に対する積極的な診断と治療が求められてきている1). また, Bogalusa Heart Studyにおいて, 成人における虚血性心疾患の原因は, 小児期にあることが示されている. すなわち, 小児期にコレステロール値を測定することで, 成人における虚血性心疾患をはじめとする生活習慣病のハイリスク者に対して, 有効な介入を早期に開始できるという利点がある. 本稿では, 小児期における高コレステロール血症について, 診断, 治療と成長の各時期における管理の観点から述べる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る