<< 一覧に戻る

気道構成細胞と喘息

神経分泌細胞

田中裕士藤井偉

喘息 Vol.20 No.3, 55-60, 2007

喘息において, 平滑筋収縮, 気道炎症, 咳嗽反射には神経細胞から分泌される神経ペプチドなどのメディエーターが肥満細胞, 平滑筋の機能と相互に関係している. 最近, 咳受容体を活性化する物質も明らかになった. また, 酸性霧による喘息患者の気道炎症には神経ペプチドが関与し, その受容体拮抗薬が有効であることが示唆された.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る