<< 一覧に戻る

バイオメディカルフォーラム

第24回バイオメディカルフォーラム Session 3 指定講演「DICの基礎と臨床の最前線」 凝固と血管新生因子VEGF-A

Role of "platelet VEGF-A" in vascular thrombosis

橋口照人竹之内和則清水利昭山口宗一

バイオメディカル Vol.24, 31-34, 2014

「要旨」血管内皮細胞増殖因子(VEGF-A)は血管新生作用・血管透過性作用を有するangiogenesis,vasculogenesisの鍵分子である。血中のVEGF-Aはそのほとんどが血小板に含まれており止血反応に続く創傷治癒の過程に重要な役割を果たすと考えられている。血小板は骨髄巨核球から産生されることから血小板のVEGF-Aの含量は骨髄機能を反映している可能性を考えている。これまでに血小板VEGF-Aが川崎病の病態と関連していること(Ueno K, et al. Br J Haematol, 2010),また再生不良性貧血において骨髄予備能を反映していること(Kodama, Y, et al. Int J hematol, 2012)を報告してきた。血小板の含む増殖因子量の評価は骨髄機能を反映した病態を示す可能性があり,血小板機能における一次止血機能の評価とは別の側面であると考える。
「キーワード」血管内皮細胞増殖因子(VEGF-A),凝固反応,骨髄機能

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る