<< 一覧に戻る

血管領域におけるDDSの最先端アプローチ

ドラッグデリバリーシステム(DDS)と血管

西山伸宏片岡一則

血管医学 Vol.8 No.3, 89-93, 2007

ドラッグデリバリーシステム(DDS)は, 薬剤の理想的な投与形態として, さまざまな疾患に対する治療応用が進められている. なかでも, ナノスケールのDDSを利用した薬剤ターゲティングは, 癌, 循環器疾患などの革新的な治療法として, 大きな期待が寄せられている, 一方, 血管は, DDSのパイプラインの役目を果たしており, 癌などの病変組織の特異的な血管構造によってDDSはそれらの組織に集積することができる, また, DDSによって血管壁細胞に薬剤をデリバリーすることも可能である. このようにターゲティング型DDSと血管は密接に関係しており, 本稿では, 血管をキーワードとして, 筆者ら瀕研究開発を進めている高分子ミセル型DDSの基本概念と最近の成果について紹介する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る