<< 一覧に戻る

脂質と脳卒中

脂質代謝異常と脳卒中の国内外の疫学

今村剛清原裕

脳と循環 Vol.12 No.2, 29-33, 2007

近年我が国では, 運動不足や高脂肪・高蛋白食に代表される食生活を含む生活習慣の欧米化により, 肥満とともに脂質代謝異常が大幅に増えた. 欧米の追跡研究では, 高コレステロール血症と脳卒中(脳梗塞)の間に有意な関連を認めた報告が散見される. 低HDLコレステロール血症や高中性脂肪血症も脳卒中の危険因子となることが示唆されているが, 前向き追跡研究の成績はいまだ少ない.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る