<< 一覧に戻る

脳梗塞の急性期血行再建療法の現状

rt-PA静注療法について

七田崇緒方利安岡田靖

脳と循環 Vol.11 No.3, 21-25, 2006

rt-PA静注療法はJ-ACTで有効性, 安全性が確認され, 発症3時間以内の虚血性脳血管障害に保険適用が認められた. 搬送後60分以内に治療開始を可能とする院内システムの構築と, 安全かつ有効なrt-PA静注療法を実施する医療の質を備えたstroke team, 脳卒中センターが必要である. 限られたマンパワーのなかで要領よく治療に漕ぎ着けるためのシステム作りが欠かせない.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る