<< 一覧に戻る

What's New in protease inhibitor

急性膵炎におけるプロテアーゼインヒビターとプロテアーゼレセプター

広田昌彦藤村美憲木村有市原敦史馬場秀夫

Surgery Frontier Vol.13 No.4, 115-123, 2006

急性膵炎とプロテアーゼ, プロテアーゼレセプター(protease-activated receptor:PAR), プロテアーゼインヒビター(PI)の関係について, 特に急性膵炎の発症および重症化におけるそれらの役割について述べた. 遺伝性膵炎の病態解析から, 急性膵炎の発症におけるトリプシンの活性化およびその制御機構としての内因性PI, すなわち膵分泌性トリプシンインヒビター(PSTI)の意義が再認識された. 膵臓はプロテアーゼの宝庫であるため, PIは膵臓にとって切っても切れない存在であり, 今後さらなる関連性が明らかになっていくであろう. PARは, 膵臓の生理機能と膵炎の病態に深く関与している. 特にPAR-2は, 生理的に膵腺房細胞, 膵管上皮細胞に発現され, また, 膵臓にはPAR-2の主アゴニストであるトリプシンが豊富に存在することから, 膵疾患の病態にはPAR-2の活性化が深く関与する. PAR-2は, 本稿で述べた急性膵炎の病態の他にも, 慢性膵炎, 膵癌の病態にも関与する. 膵疾患の病態にPARが深く関与することは間違いなく, 今後の研究の発展がさらに期待される.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る