<< 一覧に戻る

前立腺癌

第9回 前立腺癌に対する診療ガイドライン

原勲平尾佳彦守殿貞夫

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 65-71, 2006

【はじめに】前立腺癌診療ガイドラインは多くの方々の献身的なご協力のもとに2006年5月22日に発刊された. 総ページ数233頁にわたるもので疫学, 診断, 治療総論, 外科治療, 放射線療法, 薬物療法, 待機療法, 緩和医療の8章から成り立っており, ガイドラインを作成するにあたり参考とした800あまりの論文の構造化抄録を含めたCD-ROMを添付している. 各章は総括を述べた文章およびそれに引き続くいくつかのクリニカルクエスチョン(臨床上の想定質問)およびそれに対するアンサーから成り立っている. 各章におけるクリニカルクエスチョンの数および収載した構造化抄録数を表1に示す. 前立腺癌診療ガイドラインの作成は, 平成15~16年度の厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業)の一環として行われた. これは日本泌尿器科学会が主体となって行われたもので, 泌尿器科領域ではBPH, 尿失禁, 尿路結石症に次ぐガイドラインである. 一般泌尿器科医ならびに放射線腫瘍医を対象に作成された.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る