<< 一覧に戻る

栄養サポートのアウトカム評価

栄養サポートの免疫能に及ぼす効果と外科的アウトカム

福島亮治

栄養-評価と治療 Vol.25 No.3, 37-40, 2008

SUMMARY 栄養と免疫が深く関わっていることや, 栄養不良が外科手術後の合併症発症のリスクファクターであることは従来からよく認識されてきた. しかし, 栄養サポートがどの程度アウトカムを改善するかについてはいまだ議論がある. RCTを集積したメタ分析では, 栄養不良患者に対する術前TPNが術後合併症の発症を減少させる一方, 術前TPNを受けていない症例の術後TPNは, むしろそれを増加させることが示唆されている. またimmune-enhancing enteral dietを用いた周術期栄養管理は, 術後合併症(特に感染)の発症を減少させるとされている. Iはじめに 栄養と免疫能が深く関わっていることや, 栄養不良が外科手術後の合併症の発生や死亡, すなわちアウトカムと深く関わっていることは古くから認識されてきた. しかし, 栄養サポートがあらゆる病態の治療を行ううえで重要な役割を果たすことは疑問の余地がないものの, どの程度アウトカムを改善するかについては, いまだ議論のあるところである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る