<< 一覧に戻る

食後高脂血症の新しい捉え方

アポ蛋白B48含有リポ蛋白の脂肪負荷時の動態

木下誠

The Lipid Vol.18 No.4, 31-34, 2007

アポ蛋白B48は腸管で吸収された脂質を運搬するリポ蛋白の主要構成リポ蛋白である.アポB48の動態は小腸由来のリポ蛋白の代謝を知る上で有用である.脂肪負荷後のアポB48を測定したところ,アポB48は3~4時間でpeakに達し,8時間後には負荷前の状態に戻っていた.またこのときアポB48とTGは同じ動きを示していた.このことより,脂肪負荷時のトリグリセリドの増加は腸管由来のリポ蛋白の増加によるものと考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る