<< 一覧に戻る

肝の脂質代謝異常の臨床―最新の知見―

過栄養性脂肪肝

奥野正隆森昭裕井上洋

The Lipid Vol.17 No.2, 50-53, 2006

内臓性肥満と関連して脂肪肝が注目されている. しかし, 脂肪性肝炎やアルコール性脂肪肝と比べると, 過栄養性脂肪肝自体の臨床的な意義は少ない. むしろ脂肪性肝炎発症の基礎疾患としての位置づけや, メタボリックシンドロームの発症に関連する内臓脂肪蓄積の一病態として, 過栄養性脂肪肝が再認識されるものと推測される. 本稿では, 過栄養性脂肪肝の病態診断治療につき概説した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る