<< 一覧に戻る

気道構成細胞と喘息

樹状細胞

大嶋勇成

喘息 Vol.20 No.3, 17-21, 2007

樹状細胞は, 吸入された抗原に対し免疫寛容を誘導するか, Th2細胞の分化誘導を介して抗原感作を誘導するかを決定する重要な役割を担っている. さらに, Th2細胞の気道への集積や活性化に関与し, アレルギー性気道炎症の成立にも関わっている. このことより, 樹状細胞機能の制御による新たな喘息治療の可能性が期待される.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る