<< 一覧に戻る

虚血性心疾患のリスクファクター

基礎病態である動脈硬化の危険因子 加齢・性

秋下雅弘

The Lipid Vol.17 No.3, 31-36, 2006

虚血性心疾患およびその原因である動脈硬化には, 明確な加齢変化と性差がみられる. 動脈硬化の加齢による進行は, 男性の方がより若年ではじまる. 一方, 若年女性の動脈硬化は非常に少なく, 閉経を境にして進行が早くなり, 高齢者では男性のレベルに近づく. このような動脈硬化の加齢変化と性差には, 高血圧, 高脂血症など他の動脈硬化危険因子の影響に加えて, 血管自体の老化や性ホルモンの血管作用が関係していると考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る