<< 一覧に戻る

気道構成細胞と喘息

肺胞マクロファージ

山下直美

喘息 Vol.20 No.3, 69-73, 2007

喘息病態形成における肺胞マクロファージの役割は見過ごされがちであった. 近年, その細胞の受容体が詳細に明らかにされ, 刺激伝達経路も解明されてきている. また, 自然免疫および獲得免疫の両者に関与し, 喘息の治療ターゲットとしても有望であると認識されるに至っている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る