<< 一覧に戻る

誌上ディベート

人工甘味料の是非

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.5, 77, 2016

今回のテーマは「人工甘味料」。コンビニで飲み物を選ぶときに,“ノンカロリー”“砂糖不使用”と書いてあればやはり,「おー,カロリー制限にはこっちがいいね」と選んでしまう。しかし最近になって,人工甘味料が腸内細菌を変えてむしろ肥満を誘導するとか,甘味のレベルを変えてしまって結局たくさん食べすぎてしまうなどの弊害が指摘されるようになってきた。このポイントについて,慶應義塾大学消化器内科の吉松裕介先生らが詳細に説明してくれた。人工甘味料が使用されるようになっても全く肥満が減っていない状況は,「うーん,やっぱり効果がないのかな」と考えさせられてしまう。

「是」の立場から/岩根泰蔵 ほか
「非」の立場から/吉松裕介 ほか

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る