<< 一覧に戻る

抗血小板療法 Update

抗血小板療法と出血性合併症(脳微小出血も含めて)

豊田一則

脳と循環 Vol.12 No.3, 43-47, 2007

抗血小板療法の普及に伴い, 全身の出血性合併症, 特に頭蓋内出血が重要な問題となっている. 抗血小板薬によって頭蓋内出血は増える傾向にあり, 二剤併用によって更に出血が増えることが懸念される. 抗血小板薬は, 出血の重症度にも関与している. 脳微小出血と抗血小板療法の関連も, 今後解明すべき重要な問題である. 手術などで抗血小板薬を減量・休止する場合には, 合同研究班の指針に則った対応が望ましい.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る