<< 一覧に戻る

脳梗塞の急性期血行再建療法の現状

画像診断より見た適応

佐々木真理

脳と循環 Vol.11 No.3, 35-38, 2006

「はじめに」 急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法は劇的な症状改善をもたらし得るが, 一方で重篤な合併症の危険をはらんでいる. また, その治療可能時間は極めて短い. したがって, 画像診断は厳密かつ迅速でなければならない1)2). 拡散強調画像(diffusion-weighted image:DWI)と灌流強調画像(perfusion-weighted image:PWI)を主軸とする複合的MRIに対する期待は大きいが, 現在のgold standardである頭部単純CTを凌駕する結果はいまだ得られていない. 本稿では, 血栓溶解療法における画像診断の現状と課題について解説し, 今後の方向性について考察したい.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る