<< 一覧に戻る

DIC―新しい診断基準とトピックス―

Ⅰ.新しい診断基準 「急性期DIC診断基準」と厚生省基準との相違点

遠藤重厚

Surgery Frontier Vol.14 No.3, 10-14, 2007

日本救急医学会DIC特別委員の施設で「救急領域のDIC診断基準(案)」多施設共同前向き試験を行い, 改訂厚生省DIC診断基準(1988年)と比較し, 検証した. その結果, 救急領域のDIC診断基準(案)は厚生省基準より有意(p<0.01)に診断率が高いことが明らかとなった. また, 救急領域のDIC診断基準(案)は, 厚生省基準よりも24%がより早期に診断が可能であり, 今後, 広く救急・集中治療領域を超えて, 多方面で用いられるべき診断基準であると考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る