<< 一覧に戻る

前立腺癌

第12回 高密度焦点式超音波(HIFU)療法

内田豊昭

排尿障害プラクティス Vol.15 No.2, 67-73, 2007

限局性前立腺癌の患者さんにとって, 理想的な治療法とはどのようなものであろうか. 身体に傷をつけずに治療し, かつ高い臨床効果と副作用のない治療法ではないだろうか. さらに手技が簡便で治療費が安価であればなおさらである. 高密度焦点式超音波療法(HIFU)は, 上記の点を達成できる可能性をもっている. 本法の有用性の確立には, さらに多くの症例の蓄積と長期成績が必要であるが, さらなる機器の改良に伴って, より治療時間は短縮し, かつ安全な方法になっていくものと思われる. 近い将来, 限局性前立腺癌治療が外来で局所麻酔下に一時間ほどで終了し, その日のうちに帰宅できる, ということが可能になると思われる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る