« バックナンバーへ戻る

脳と循環2016年5月号(Vol.21 No.2)

脳と循環

2016年5月号(Vol.21 No.2)

【特集 後期高齢者の脳卒中予防治療 ―内科 vs. 外科―】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 後期高齢者の予防的治療はいかにあるべきか
 岡田靖/北川一夫/桑山直也/髙橋淳
1.無症候性頸動脈狭窄に対する脳梗塞予防―外科・血管内科の立場から/黒木亮太 ほか
2.無症候性頸動脈狭窄に対する脳梗塞予防―抗血小板療法の立場から/星野晴彦
3.未破裂脳動脈瘤に対する治療―外科・血管内科の立場から/黒田淳子 ほか
4.未破裂脳動脈瘤に対する治療―内科の立場から/湧川佳幸
5.心房細動患者の脳梗塞予防―インターベンションの立場から/天野英夫 ほか
6.心房細動患者の脳梗塞予防―抗凝固療法の立場から/矢坂正弘

【連載】

○脳循環障害と病理
 拡張型心筋症に関連した脳血栓塞栓症/緒方絢ほか
○今日の一例
 多剤併用抗血栓療法にもかかわらず閉塞部以遠の血栓化が進行したアテローム硬化性頭蓋内椎骨動脈閉塞の一例/石原稔也 ほか
○脳卒中の治療技術
 Central poststroke pain(脳卒中後中枢性疼痛)の治療/松浦慶太 ほか
○知って得するワンポイントアドバイス
 アセタゾラミド適正使用指針/峰松一夫
○What's Up リハビリテーション
 藤田保健衛生大学 七栗記念病院/園田茂
○Journal Review
・非弁膜症性心房細動を有するアジア人患者の脳卒中予防における非ビタミンK阻害経口抗凝固薬:メタ解析/長谷川泰弘
・AHA/ASAガイドライン2015 急性虚血性脳卒中患者の血管内治療に関する早期管理ガイドライン2013アップデート/齋藤新 ほか
・アピキサバンもしくはワルファリンによる抗凝固療法中の心房細動患者における性別に応じた臨床転帰:ランダム化比較試験の二次解析/船津奈保子 ほか