« バックナンバーへ戻る

Nephrology Frontier2008年9月号(Vol.7 No.3)

Nephrology Frontier

2008年9月号(Vol.7 No.3)

【特集 シナカルセト塩酸塩は二次性副甲状腺機能亢進症治療をどう変えたか】

特集にあたって/秋葉 隆
◎Round Table Discussion
『シナカルセト塩酸塩の基礎と臨床応用』/(司会)秋葉 隆/永野伸郎/深川雅史/窪田 実
◎論文
CKD-MBDとシナカルセト塩酸塩/横山啓太郎
シナカルセト塩酸塩の我が国における臨床治験成績/本田浩一/真田大介/秋澤忠男
シナカルセト塩酸塩によるCa,P,PTHターゲット達成/奥野仙二/石村栄治
シナカルセト塩酸塩と骨形態―組織形態計測と骨塩量―/栗原 怜
シナカルセト塩酸塩は副甲状腺インターベンションをどう変えたか/冨永芳博

【連載】

○腎生理の基礎知識
『腎によるリンの調節機構』/関根孝司
○検尿ノススメ
『尿中マクロファージ(大食細胞)の臨床的意義』/横山 貴/田邉一成
○エッセンシャル・パソロジー
『一次性膜性増殖性糸球体腎炎Ⅰ型,Ⅲ型』/城 謙輔
○画像診断―イメージングアプローチ―
『腎の超音波検査・診断法(5)―超音波の基礎知識とハーモニックイメージング(1)―』/辻本文雄
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(2)IgA腎症モデル(2)HIGAマウス』/武曾恵理
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2008
『金沢大学医薬保健研究域医学系血液情報統御学』/和田隆志
○第51回日本腎臓学会学術総会ランチョンセミナー/酒井 紀(司会)/楊 國昌(演者)
○第43回日本小児腎臓病学会学術集会ランチョンセミナー/吉川徳茂(司会)/石倉健司(演者)
○World Topics―海外文献紹介―
・アンジオテンシンⅡはAT1-ERK/p38 MAPキナーゼ経路を介してアンジオテンシンⅠ変換酵素(ACE)の発現を亢進させ,ACE2の発現を低下させる
・スーパーフラックス(SF)膜(FE-X)対ハイフラックス(HF)膜(FE-60)とβ2-マイクログロブリン(β2M)の減少;6週間の無作為二重盲検交叉試験の結果
・FGF23過剰発現はin vitroにおいてosteoblast differentiation,matrix mineralizationを抑制する
・アルブミン尿に対するACE-Ⅰ併用療法の比較検討:GUARD studyの結果より
・ANCA関連腎炎マウスモデルにおいて補体C5阻害は保護的に作用する