« バックナンバーへ戻る

インフルエンザ2020年6月号(Vol.21 No.2)

インフルエンザ

2020年6月号(Vol.21 No.2)

【座談会 H1N1pdmウイルスの過去、現在、未来、およびワクチンの効果判定】

○巻頭言
 たかがインフルエンザ?されどインフルエンザ/三鴨廣繁
○座談会
 H1N1pdmウイルスの過去、現在、未来、およびワクチンの効果判定
 川上千春/福島若葉/柏木征三郎
○治療
 バロキサビル マルボキシルの有効性と問題点/我妻奎太 ほか
○基礎
 バロキサビル マルボキシル感受性低下A型インフルエンザウイルスの病原性と感染伝播力/今井正樹
○公衆衛生
 バロキサビル マルボキシルに関する日本感染症学会の提言について/石田直
○スペシャリストに聞く
 患者から分離されたバロキサビル マルボキシル感受性低下A型インフルエンザウイルスの特性について/河岡義裕
○Q&A
インフルエンザ罹患の際に合併する感染症を教えてください/高崎好生
抗インフルエンザ薬には死亡抑制効果はあるのでしょうか/山岸義晃
バロキサビル マルボキシルは高病原性鳥インフルエンザウイルスに対しても有効なのでしょうか/迫田義博
○ウイルスよもやま話
 新興感染症について/渡辺登喜子
○地域のパンデミックプランニング
 連載再開とCOVID-19パンデミック/西村秀一