« バックナンバーへ戻る

精神科臨床 Legato2016年7月号(Vol.2 No.3)

精神科臨床 Legato

2016年7月号(Vol.2 No.3)

【座談会 精神疾患に対する多職種連携の重要性】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Round Table Discussion
 精神疾患に対する多職種連携の重要性
 住吉太幹/丹羽真一/岩根達郎/大迫充江
○Psychiatric Lecture
(疫学)
 ・非定型精神病の疫学―周期性精神病に注目して―/兼本浩祐
(成因・危険因子)
 ・統合失調症の周産期リスク/佐々木司
(治療)
 ・統合失調症のリカバリーを見据えた薬物療法/岸本泰士郎
 ・過食性障害の治療/永田利彦
○Psychiatry Forum
 認知症の地域連携/朝田隆
○Doctor & Patient Communication
 治療方針の説明/青木裕見 ほか
○Evidence Explanation
 日本発のエビデンスを読む―ネットワークメタ解析―/渡辺範雄
○Doctor Interview
 地域のニーズに応え,患者さんを地域で支える仕組みづくりを/直江寿一郎
○Trends in Psychiatry
 古典『Allgemeine Psychopathologie』―ヤスパース/山岸洋
○Conference Report
 第5回国際統合失調症学会/宮田淳
○Administration for Psychiatry
 精神科医療における診療報酬改定について/長瀬輝諠