« バックナンバーへ戻る

THE BONE2017年夏号(Vol.31 No.2)

THE BONE

2017年夏号(Vol.31 No.2)

【特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ】

特集にあたって/田中栄
Ⅰ.免疫細胞と骨代謝
1.Overview ―その研究の新たな潮流―/岡本一男 ほか
2.免疫細胞による骨代謝制御:T細胞の新たな役割/寺内公一
3.免疫細胞による骨代謝制御:生体イメージング/菊田順一 ほか
Ⅱ.骨代謝制御因子と骨免疫学
1.Wntシグナルと骨代謝・骨疾患/小林泰浩 ほか
2.RANKLの骨芽細胞内逆シグナルおよびそれを標的にした創薬の可能性/本間雅 ほか
3.炎症性サイトカインによる骨代謝制御―IL-17を中心に―/八子徹 ほか
Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学
1.関節リウマチにおける炎症性サイトカインの役割/亀田秀人
2.分子標的薬による関節リウマチ治療/山岡邦宏
3.脊椎関節炎の病態と新たな治療法/門野夕峰
4.乾癬性関節炎の病態と新たな治療法/鎌田昌洋 ほか
Ⅳ.骨免疫学と新たな治療への展望
1.チェックポイント阻害薬によるがん治療―がん骨転移治療の可能性も含めて―/秋山達 ほか
2.骨関節疾患の遺伝子ハンティング/坂上沙央里 ほか
3.骨髄由来間葉系幹細胞を用いた骨関節疾患治療/田中良哉
4.iPS細胞を用いた骨格系難病研究/吉富啓之 ほか

【連載】

◎ホネのかたち
 骨を見る立ち位置(4)―土を掘る道具―/遠藤秀紀
海外文献紹介
◎MEDICAL EYE
 キンギョ鱗の骨組織研究への応用/池亀美華 ほか