<< 一覧に戻る

Googleカレンダーに登録 このページを印刷する

院内事故調査教育セミナー2023

ウォッチリストに追加(要ログイン)

ログインすると大会をウォッチリストに登録できます。
新規会員登録はこちら

ログイン

大会長

酒井 亮二 (さかい りょうじ)
医療安全推進機構理事長

大会ウェブサイト

http://www.iarmm.org/J/HAS2023/

大会テーマ/大会からのメッセージ

医療事故調査の基本バラタイム

近代では産業化・機械化によって社会の多方面において大規模な事故・災害が多発するし、その予防のために事故調査が不可欠であるとされています。
もっとも、事故の原因を探すこと自体は、道具を使用することを始めた古代人時代から行われていたと推測できます。安全な生活が不可欠であることは、ハイリスクな狩猟文明では当然に認知されていました。
このように事故から学ぶことが安全推進の基本的大原理であることは自明です。医療でも病因を探すことが医学の基本です。
さて、厚生労働省によって院内医療事故調査を全国のすべての医療機関に義務化していただきました。これは世界の医療界において比類ない制度ですので、まだまだたくさんの問題が現場で山積しています。
以上から、今回のプログラムでは医療事故調査制度をより良くするためにどうすればよいかについて検討いただくことにしました。
本研修会によって、よりよい医療事故調査方法が得られます。

アクセス

主会場:
Web開催

当ページは、各学会事務局への調査票等を基に作成しています。参加をご検討される際は、事前に学会ウェブサイトで最新の情報をご確認ください。

M-Review学会カレンダーへの学術集会・研究会等の掲載をご希望の方は、情報提供フォームか、お問い合わせフォームより情報をお寄せください。(ご希望に沿えないこともございますので、その場合は何卒ご了承ください。)