<< 一覧に戻る

History 筋ジストロフィー医療発展の歴史

筋ジストロフィーの治療研究の歴史(3)

―DMDとカルシウム・ホメオスターシス―

武田伸一野上健一郎鈴木友子

MD Frontier Vol.1 No.3, 50-54, 2021

デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne muscular dystrophy:DMD)ではカルシウムイオン(Ca2+)制御機構の異常が病態の中核をなす.そのため筋形質膜上のカルシウムチャネルや,細胞内小器官である筋小胞体(sarcoplasmic reticulum:SR)のリアノジン受容体,SERCA(sarco/endoplasmic reticulum Ca2+-ATPase)などCa2+制御機構に関与する分子を標的にした創薬研究が進められている.一方では,DMDで欠損するジストロフィンとミトコンドリア機能の関連にも,注目が集まっている.本稿では,DMDの病態の解明を前提として,創薬研究の現状を概説し,これからの方向性を考察したい.
「KEY WORDS」デュシェンヌ型筋ジストロフィー,カルシウム・ホメオスターシス,筋小胞体,SERCA,リアノジン受容体

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る