<< 一覧に戻る

Special Articles 総説

臨床 歴史的事項:筋ジストロフィーと私の46年

石原傅幸

MD Frontier Vol.1 No.3, 17-21, 2021

筆者は1970年に大学を卒業後,1975年に東埼玉病院の内科へ転勤し,国立病院機構箱根病院,国立病院機構あきた病院と約46年にわたり筋ジストロフィー臨床を中心にした筋疾患研究の人生を歩んできた.今回は筆者の立場からみた筋ジストロフィーにまつわる経緯を述べることにする.
「KEY WORDS」江橋節郎,杉田秀夫,埜中征哉,荒畑喜一,大竹進

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る