<< 一覧に戻る

Study Report

MG患者に関する調査 ~JAMG-R studyより~

長根百合子

MG Frontier No.1, 16-21, 2019

現在,国内の重症筋無力症(myasthenia gravis:MG)患者数は3万弱と推定されており,それほどまれな疾患ではないが,MG多数例の臨床情報を集積,解析することは単一施設のみでは不可能である。単一施設の情報からは正確な事実が見えない可能性もある。Japan MG Registry study(JAMG–R)研究会は,「多施設調査で得られる多数例の詳細な臨床情報を解析し,得られたデータに基づきMGの良質な治療を実現する」をコンセプトとし,これに賛同した意欲ある医師による有志の研究グループである。本稿では,JAMG–R発足の経緯,調査から得られた成果について紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る