<< 一覧に戻る

特集 IoMTのUP-TO-DATE

8.アプリが拓く新しい医療 ―医療現場への導入に必要なことは何か

堀田伸勝

Journal of Internet of Medical Things Vol.2 No.1, 38-40, 2019

近年の情報技術の発達に伴い,最も身近な情報通信機器のひとつが広く普及してきたスマートフォンである.総務省の発表によると,2010年のスマートフォンを含めた調査開始以来で初めて,2017年の世帯におけるスマートフォンの保有状況がパソコンのそれを上回った.このような背景と世界的な情報技術の応用領域の拡大により,ヘルスケア分野においてさまざまな新しい試みが行われている.そのうちのひとつが医療現場におけるスマートフォンアプリの活用である.本稿では今後開発と普及の増加が期待される,医療機器認定を受け現場で使用されるスマートフォンアプリの現場への応用について概説する.
「KEY WORDS」アプリ,医療アプリ,医療機器プログラム,医療機器認定,オープンイノベーション

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る