<< 一覧に戻る

特集 食品安全の最前線―感染症の観点から―

7.ノロウイルスによる食中毒・感染性胃腸炎に関する最近の知見

木村博一本谷匠松島勇紀麻生純平岡山香里砂川爽代香長澤耕男

感染制御と予防衛生 Vol.3 No.2, 51-55, 2019

ノロウイルス(NoV)は,カリシウイルス科,ノロウイルス属に分類され,ロタウイルスなどと同様に,世界的にウイルス性胃腸炎の主要な原因であることが示されている1,2).わが国では,2006/07シーズンに,NoVは胃腸炎の世界的大流行(パンデミック)を引き起こし,それ以来,社会的かつ公衆衛生学的な大きな問題として注視されている.また,NoVは世界各国で大規模な食中毒の原因となっており,その一例として,2017年には,NoVに汚染された刻み海苔を原因とした大規模な食中毒(学校給食)事例が東京都と和歌山県で発生したことは記憶に新しい3)
本稿においては,NoVを原因とする食中毒・感染性胃腸炎の疫学や分子疫学を中心とした新しい知見を紹介する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る