<< 検索結果に戻る

9.フレイル予防・介入法(運動・栄養・その他)

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 56-64, 2018

フレイルは可逆性があるため,早期発見と,適切なタイミングでの予防や介入が重要である。身体的フレイルの予防・介入の中心は運動と栄養である。ポリファーマシーの対処も強く推奨されている。妥当性のあるツールで早期にフレイルを同定し,運動や栄養,ポリファーマシーの是正などの介入を早期に行い,フレイル高齢者の生活の質や健康関連アウトカムを改善することが望まれる。
「KEY WORDS」フレイル,予防・介入,運動,栄養,ポリファーマシー

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録