<< 一覧に戻る

BP-Square 座談会

スキンケアを究める

─アトピー肌のスキンケア─

川島眞菊地克子高山かおる山本有紀

Bella Pelle Vol.6 No.2, 41-44, 2021

かゆみを伴い,慢性に経過するアトピー性皮膚炎は,バリア機能異常がある皮膚に対し,多様な刺激やアレルギー反応が加わって生じるものと考えられている.そのため,アトピー性皮膚炎の治療においては,バリア機能異常の状態であるドライスキンへの適切な対処が重要であり,スキンケアが果たす役割は大きい.今回はアトピー性皮膚炎を取り上げ,とくに寛解維持期のスキンケアを中心に,指導の実際や,保湿剤選択の着眼点などについてお話しいただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る