<< 一覧に戻る

特集 目もと

Round Table Discussion 座談会 目もとの美容医療

──その主訴と治療テクニック

山下理絵緒方寿夫佐藤英明

Bella Pelle Vol.4 No.4, 6-13, 2019

目は,人体のなかでその人の印象を大きく左右する器官であり,美容医療において常にニーズが高い治療対象部位の1つである.最近はとくに,高齢化を反映して,老化の影響が現れやすい目もとのたるみを気にする人が増えているという.いうまでもなく,目もとの治療では美容の主訴に潜む疾患を鑑別したうえで治療を進めていくことが重要である.さまざまな目もとの主訴に対してどのように対応するべきか,美容外科医の先生方にディスカッションしていただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る