<< 一覧に戻る

美容皮膚科に必要な外科的Option & Technique

第11回 体の内側からアプローチ~高濃度ビタミンC点滴治療を取り入れる

山下理絵

Bella Pelle Vol.4 No.3, 70-71, 2019

美容医療のなかでも,アンチエイジング医療は,体の内側,外側の2本の柱に加え,その両方からのアプローチが必要である.外側からのアプローチは,われわれが得意とするアプローチで,「見た目」を改善するレーザーや注入,スキンケアなどが中心となる治療である.フェイスリフトなどの手術方法も含まれる.
内側からのアプローチは,おもに内科的な薬剤による治療,サプリメント,ホルモン補充,そして,高濃度ビタミンCやキレーションなどの点滴治療などがある.最近では,高濃度ビタミンC点滴をがん治療に行っていた際,その美白作用に驚く症例を経験した(図1).
本稿では,美容診療で取り入れやすい高濃度ビタミンC点滴治療に関して述べる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る