<< 一覧に戻る

BP-Square 寄稿

顔の小腫瘍の炭酸ガスレーザーを用いた治療のコツ

~脂漏性角化症を中心に

川島眞

Bella Pelle Vol.4 No.1, 40-41, 2019

顔の小腫瘍にはさまざまなものがあるが,脂漏性角化症は皮膚科医が遭遇することの多い老徴の1つである.治療方法は,液体窒素を用いた冷凍凝固術,手術による切除,炭酸ガスレーザーによる蒸散があり,なかでも最新の炭酸ガスレーザーは,高精度のパワーと熱伝導で的確な組織の蒸散を可能とし,施術中の痛みや術後の色素沈着が軽減される有効な治療法である.本稿では,脂漏性角化症の病態と診断を踏まえ,炭酸ガスレーザー治療における治療の実際について解説する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る