<< 一覧に戻る

Pitfall & Tips どう診る?どうする?

第1回 フォトフェイシャル®治療に抵抗するシミについて

須賀康

Bella Pelle Vol.1 No.1, 67-68, 2016

「症例」30歳代半ばの女性.両頬部に多発するシミ(図1a)を改善したいという希望で来院した.初診時には日光黒子がシミ病変の主体と考えられたため,フォトフェイシャル®治療(NatuLight®,日本ルミナス社製,22J/cm2,560nm cut offフィルター)を4週ごとに1回,合計3回施行したところ,左頬部の色素斑については患者もほぼ満足する改善が得られた(図1b,aの*部分).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る