<< 一覧に戻る

インタビュー 肺高血圧症診療 Best Practice

成人先天性心疾患の包括的診療を目指して

赤木禎治

Pulmonary Hypertension Update Vol.5 No.1, 59-64, 2019

私はもともと小児循環器が専門で,成人の循環器疾患を治療することになるとは思ってもいませんでした。成人の循環器疾患に関心をもつようになったきっかけは,1989年にカナダ・トロント小児病院循環器科に留学した際に参加した成人先天性心疾患の勉強会です。フェローは全員参加するようにといわれて参加した勉強会でしたが,学んでいくとファロー四徴症や心房中隔欠損症(atrial septal defect:ASD)などの小児が成人した後,どのように治療・管理していくかは今後極めて重要な課題になると気づかされました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る