<< 一覧に戻る

Theme 第6回肺高血圧症ワールドシンポジウム―併用療法― Round Table Discussion

第6回肺高血圧症ワールドシンポジウム―併用療法―

田村雄一白井悠一郎杉村宏一郎須田理香谷口悠

Pulmonary Hypertension Update Vol.5 No.1, 12-21, 2019

2018年にフランスのニースで行われた第6回肺高血圧症(PH)ワールドシンポジウムをもとにした新たな治療アルゴリズムでは,肺動脈性肺高血圧症(PAH)症例に対して初期併用療法(initial combination therapy)が原則標準療法となった。しかし臨床分類や基礎疾患,診療科,施設によって実際の併用療法の基準や方法は多様である。本座談会では,臨床現場の第一線でPH診療を行う各領域の先生方をお招きし,併用療法の考え方や注意点に関してディスカッションいただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る