<< 検索結果に戻る

多剤併用療法が拓く肺高血圧症診療の未来―IPAHとシャント性PAHの治療について―

Pulmonary Hypertension Update Vol.3 No.1, 12-21, 2017

特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)に対する多剤併用療法の有用性が確立され,経口多剤と静注薬をどう併用し,使い分けていくかが近年注目されている。本座談会では成人IPAH治療の知見をもとに,小児領域におけるIPAHの治療指針について討論いただくとともに,成人の先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症(sPAH)における多剤併用療法の可能性,小児sPAHに対するPAH治療の課題と将来展望などについて討論いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録