<< 一覧に戻る

誌上ディベート

ホルモン受容体陽性再発乳癌に対してがんゲノム遺伝子パネル検査を薦めるべきか

「推奨できない」とする立場から

河村美由紀松本光史

CANCER BOARD of the BREAST Vol.7 No.2, 43-47, 2023

がんゲノム遺伝子パネル検査が保険承認され,日常臨床に組み込まれた。乳癌患者においても,標準治療終了見込みであれば検査提出が可能であり,乳癌治療にかかわる医療者もがんゲノム医療について精通していなければならなくなった。しかし,そもそも現在のがんゲノム遺伝子パネル検査はすべての患者にとって有益なものなのだろうか。2019年6月に保険承認されたばかりの検査であり,課題も多い。今回は,ホルモン受容体陽性再発乳癌患者にがんゲノム遺伝子パネル検査の提出を検討する場合に考慮すべき課題を提示することで,がん遺伝子パネル検査について理解を深めたい。

論点整理/南博信
「推奨できる」とする立場から/田村研治
・「推奨できない」とする立場から/河村美由紀/松本光史

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る