<< 一覧に戻る

Land-Mark papers in Oncology~エポックメイカーとなった論文~

「治療」Efficacy of Pamidronate in Reducing Skeletal Complications in Patients with Breast Cancer and Lytic Bone Metastases

寺尾まやこ新倉直樹

CANCER BOARD of the BREAST Vol.6 No.2, 58, 2021

骨転移による骨破壊は腫瘍細胞が破骨細胞活性化因子(osteoclast-activating factors)を放出し,破骨細胞による骨吸収が促進され引き起こされる。骨修飾薬であるビスホスホネート製剤は破骨細胞による骨吸収を抑制し,骨転移による病的骨折や疼痛,高カルシウム血症などの骨関連事象(skeletal-related events:SRE)を減らすことが知られており,骨転移の治療を大きく変化させた。
パミドロン酸は第二世代ビスホスホネートであり,今回パミドロネートが乳癌溶骨性骨転移のSREを減少させる効果について検証した本論文を紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る