<< 一覧に戻る

用語解説

クリニカルシークエンス

下村昭彦

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.2, 63, 2017

複数の遺伝子を同時に解析できる次世代シークエンサーが普及し,患者個々の遺伝子異常を安価にかつすみやかに測定することが可能になった。クリニカルシークエンスとは,疾患そのものに対する分子生物学的な“研究”を目的とした遺伝子解析ではなく,患者試料を用い,結果を患者の治療選択に反映する“臨床利用”を目的とした遺伝子解析である。複数の癌種で治療に関連する遺伝子異常が同定され,クリニカルシークエンスによって同定された遺伝子異常に基づいて最適な治療法を選択するprecision medicineが進んでいる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る