<< 一覧に戻る

Psychiatric Lecture

病態 統合失調症・双極性障害に共通する大脳白質の微細構造変化

越山太輔福永雅喜笠井清登橋本亮太

精神科臨床 Legato Vol.7 No.2, 22-25, 2021

MRI拡散強調画像を用いた大脳白質構造についての大規模解析を行い,統合失調症と双極性障害における白質領域の異常は似通った病態生理学的特徴をもち,自閉スペクトラム症と大うつ病性障害における異常は軽微であり健常者に近い生物学的特徴を有していることを明らかにした。これらの結果は,精神疾患の客観的診断法の開発に役立つと考えられる。
「KEY WORDS」拡散強調画像,大脳白質微小構造,統合失調症,双極性障害,多施設共同研究

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る