<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

コンサルテーション・リエゾン精神医学

村井俊哉井上真一郎倉田明子谷向仁

精神科臨床 Legato Vol.6 No.1, 4-11, 2020

コンサルテーション・リエゾン精神医学(CLP)は,病院内および社会的なニーズの高まりに伴い,近年大きな発展を遂げている領域である。本日は,CLPのなかでも最もコンサルテーションの依頼が多いとされる「せん妄」,再発予防にCLPが有効とされる「自殺未遂」,今後増加が予想される「認知症を有する身体疾患患者」や見過ごされがちな「がん患者の認知機能障害」について取り上げ,他科との連携において専門性を発揮して患者・医療者をサポートするCLPの魅力に迫った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る